くちきかん賞?タモリ「まさか本物をもらうとは」

[ 2014年12月5日 18:29 ]

第62回菊池寛賞を受賞し、スピーチするタモリ

 第62回菊池寛賞(日本文学振興会主催)の贈呈式が5日、東京都港区のホテルオークラ東京で開かれ、受賞したタレントのタモリ(69)が「バラエティー番組というのは非常に評価されにくい。そういう中で賞をもらい、本当にありがたい」と喜びを語った。

 タモリは今春まで司会を務めていた番組「笑っていいとも!」にも言及。「ゲストにはどうしてこんなに無口なのだろうという人もいる。実現しなかったが、年間で一番無口だった人に“くちきかん賞”をあげようかとも考えた。まさか本物を私がもらうとは」と冗談交じりに話し、会場は笑いに包まれた。

 雑誌での長寿対談連載などが評価され受賞したエッセイストの阿川佐和子さん(61)は「今もインタビューは苦手だと思っている。なんとか続けてこられたのは歴代の担当者らが支えてくれたおかげです」と感謝した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年12月5日のニュース