間寛平 来年2月「姫路城マラソン」“応援軍師 黒田かんぺい”に

[ 2014年12月5日 08:45 ]

“黒田かんぺい”姿で来年開催される「世界遺産姫路城マラソン」をPRした間寛平

 タレントの間寛平(65)が4日、兵庫県姫路市内で来年2月22日に初開催される「世界遺産姫路城マラソン」のPRを担う“応援軍師 黒田かんぺい”の就任式に出席した。

 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」で一躍注目を集める姫路ゆかりの名将・黒田官兵衛ならぬ“かんぺい”は、姫路城をバックに赤の甲冑(かっちゅう)姿を披露。「着心地最高。全然肩も凝らないし、これで家に帰りたいぐらい」とお気に入りながら、甲冑姿で走れるかと問われると、「5キロで倒れます」と返し、笑わせた。現在は座骨神経痛などに悩まされ走れず、「60過ぎたら、いろんなところに故障が出る。何事もやり過ぎはアカン」と苦笑い。当日は甲冑を着けて走者を応援する。「寒さをぶっ飛ばすぐらい大会を盛り上げる。出陣じゃ~!」と決意の雄叫びを上げていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年12月5日のニュース