遠野なぎこ 交際続く元夫と「婚外契約書」法的に内縁関係へ

[ 2014年11月2日 19:31 ]

「ベスト傾奇ニスト2014」発表&授賞式に出席した遠野なぎこと坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(47)と遠野なぎこ(34)が2日、東京・赤坂の赤坂サカスで行われた「ベスト傾奇(かぶき)ニスト2014」発表&授賞式に登場。遠野が交際を続けている元夫と「婚外契約書」の作成に臨んでいることを明かした。

 「常識を超えた言動や行動」「大きなチャレンジや決断で名を轟かせる」ことを指す「傾奇」を最も体現した人物として、選ばれた2人。芸能界最速の55日離婚を経験した遠野は近況として「弁護士さんにお願いして婚外契約書というのを作ろうと思っている」と告白した。

 スピード離婚することになった元夫と今でも交際関係は続いており、「正式には任意後見契約書っていうんですけど、結婚前提じゃなく彼と契約しようと」「彼が病気になったり不慮の病気になったときに一切の面倒を私が見ますよということ」と具体的な内容を説明した。

 聞きなれない内容に「内縁関係ってこと?」といぶかしげな表情をしていた坂上に、遠野は「そうです」と肯定。「あの人の奥さんになりたいと思うけどさすがにこれ以上は売名って言われるし、籍じゃない形でそういう契約をしよう」と思いを明かした。任意後見契約書の作成は元夫と10月から開始しており「年内には煮詰めて判を押しましょうって言っています」と予定も公表した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年11月2日のニュース