磯野貴理子 脳梗塞で緊急入院 異変気付いた夫に「命拾ってもらった」

[ 2014年10月28日 18:43 ]

脳梗塞のため緊急入院した磯野貴理子

 タレントの磯野貴理子(50)が、10月23日に脳梗塞(こうそく)で倒れ、緊急入院していた。28日、所属事務所がマスコミ各社にファクスで発表した。

 磯野は23日に自宅で体調不良を訴え、夫で飲食店店長の高橋東吾氏の付き添いのもと、救急車で搬送された。検査の結果、脳梗塞と診断された。

 命には別状はなく、磯野も「このたびはご迷惑をおかけして申し訳ありません。お詫び申し上げます。異変に気付いて病院に運んでくれた夫に命を拾ってもらいました。御心配をおかけした皆様のためにも、絶対治して元気な姿で戻ってきます」とコメント。前向きに治療に励んでいるという。

 復帰の時期などは、またあらためて報告する意向。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年10月28日のニュース