虎党VS鷹党応援合戦 NMB薮下「甲子園で和田監督の胴上げ」

[ 2014年10月28日 05:30 ]

阪神にエールを送るNMB48・薮下柊

 日本シリーズは28日、第3戦を迎え頂上決戦は佳境に入る。そこでAKB48グループの虎党と鷹党による“応援合戦”を企画。NMB48からは薮下柊(15)、HKT48は若田部遥(16)の同学年2人に登場してもらった。

 家族の影響で小学校のころから虎党の薮下。今季は、NMBの川上千尋(15)らと甲子園で10試合近く観戦した。日本シリーズは仕事と重なり生観戦はできないが、「第1戦はゴメスが大活躍で、試合運びも良くて感動しました」と興奮気味に語った。

 ただ、気がかりがある。ファンやメンバーの間で“しゅう(薮下)がSNSで阪神のことを書くとチームが負ける”と噂されていることだ。「心外です!私が書いて勝つ時もあるんです」と反論するも、「あまりにも周りに言われるんで、CS中は我慢して終わってから書いた。日本シリーズ中も控えてます」と苦笑いした。“勝利の女神”と言われるHKT若田部に対し、「私は疫病神みたいに言われて…遥ちゃんに嫉妬を覚えます」と恨めしげ。だが、「同じ“野球好き”として、きっと気が合うはず。ゆっくり野球の話がしたい」とラブコールを送った。

 薮下が理想とする日本一へのシナリオは4勝2敗だ。「もう1敗もしたくないけど、甲子園での和田監督の胴上げが見たいから1回だけ負けてあげましょか」と笑顔でNMBも掲げる“てっぺん獲り”を熱望した。

 ◆薮下 柊(やぶした・しゅう)1998年(平10)12月2日生まれの15歳。大阪府出身。2011年12月、NMB第3期生オーディションに合格。12年2月、大阪市のNMB48劇場での公演でデビュー。チームB2に所属。愛称・しゅう。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年10月28日のニュース