ホラン千秋 ショートヘアにして仕事激増“ボウズ”にも色気

[ 2014年9月3日 15:42 ]

受賞したホラン千秋

 女優でタレントのホラン千秋(25)が、「THE BEAUTY WEEK AWARD 2014」のスタイリッシュで美しいヘアスタイルを持つ女性著名人を表彰する「ザ・ベスト・オブ・ビューティー」の「ショートヘアスタイル」部門に選ばれ3日、都内で行われた授賞式に出席した。

 ホランは14歳で芸能界入りしたが、「売れない10年はずっとロングヘアでした」と苦笑い。だが、2011年のテレビ朝日のドラマ「陽はまた昇る」で初めてショートヘアで出演したのをきっかけに仕事が増え始め、「仕事がいただけるようになったのはショートのおかげだと思います。仕事がなくアルバイトで生活していたあの頃には戻りたくないです」と明かした。

 1日だけちがう髪形にできるとしたら、という質問には「髪を切れば切るほどより仕事をいただけるので、ボウズ」とどん欲な大胆発言。父親がアイルランド人で、ベリーショートの髪形がトレードマークの同国の歌姫シネイド・オコナー(47)を引き合いに出し「顔が濃いので、いける自信はある」と話し、会場の笑いを誘っていた。

 なお、「ロングヘアスタイル」部門はAKB48の渡辺麻友(20)、「ニューヘアスタイル」部門はモデルの植野有砂(24)がそれぞれ受賞した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年9月3日のニュース