4月からSKE兼任 みるきー「珠理奈さん」は頼りになる先輩

[ 2014年7月20日 10:00 ]

奥手の男の子については意見が分かれた!?渡辺美優紀(左)と松井珠理奈
Photo By スポニチ

 SKE48、NMB48の渡辺美優紀(20)は年下の松井珠理奈(17)のことを「珠理奈さん」と、さん付けで呼ぶ。松井がSKEのオーディションに合格したのが08年、渡辺がNMBのオーディションに合格したのが10年で、自分の方が後輩だからだ。

 渡辺は今年4月から、兼任としてSKEでの活動を始めたが「珠理奈さんがいて心強かった。SKEのファンの皆さんに、私のことを迎え入れてくれるよう呼びかけてくれた。頼りになる先輩です」と話す。

 2人には共通点がある。12年、松井はAKBのチームK、渡辺はAKBのチームBとの兼任になった。48グループで兼任が導入されたのはこの時が初めてだった。

 松井は「みるきーには、初めての経験で同じつらさを味わった人という思いがあります。だから、みるきーがSKEを兼任することが決まった時、支えたいと思いました」と明かす。

 松井がSKEの中で渡辺に望むこととして「SKEには、トークの時に突っ込める子がいないので、ツッコミ役になってほしい。関西弁で」と話すと、渡辺は「じゃあ、珠理奈さんがダジャレを言った時“何言うてんねん!”とか言ってみようかな」と笑った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年7月20日のニュース