フリーアナの荻島正己さん死去 62歳 TBS「朝のホットライン」

[ 2014年6月26日 13:05 ]

荻島正己さん

 フリーアナウンサーの荻島正己(おぎしま・まさみ)さんが21日午前2時35分、食道がんのため都内の病院で亡くなった。62歳。東京都出身。

 荻島さんのフェイスブックで発表された。通夜は6月26日午後6時、葬儀・告別式は27日午前11時から、いずれも東京都新宿区上落合3の34の12、落合斎場で。喪主は妻初栄さん。

 1975年、静岡放送入社。82年、TBS嘱託になり、同局「朝のホットライン」の司会者を務めた。85年のフリー転身後も「おはよう!CNN」「プロ野球ニュース」など、多くの番組で活躍した。

 2006年1月、CS朝日ニュースター「ひとこと言わせて!!」生放送中に食道がんを告白。6月に復帰。7月には「がん細胞が消滅した」と発表し、がんから生還した。
 
 04年に亡くなった俳優の荻島眞一さん(享年58)はいとこにあたる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年6月26日のニュース