関ジャニ村上も香取慎吾も「悔しい 残念」 選手に感謝も

[ 2014年6月26日 09:04 ]

 TBSのW杯キャスター、関ジャニ∞の村上信五(32)はサッカーW杯での日本代表の敗退に「残念な結果です。悔しいですが、結果は出ました。後半、チャンスはありましたが、得点には結びつきませんでした」と悔しがった。

 FW大久保嘉人(32)をはじめとした日本代表選手と交流があり、今大会もブラジルに渡って日本代表の取材を行い、晴れ舞台にかける意気込みを肌で感じていた。それだけに、全力を出し切った選手たちをねぎらいたい気持ちもある。

 「勝てば決勝トーナメント進出。勝利への気持ち、姿勢を見せてもらいました。本当に、残念ではありますが、諦めずに最後まで日本のために戦い抜いてくれた選手、監督、スタッフの皆さん、ありがとうございました。お疲れさまでした」と話した。

 今後は、26日の同局「デイリーハイライト」(後7・00)に都内のスタジオから生出演する。

 一方、試合を生中継したテレビ朝日のサッカー日本代表応援団長を務めるSMAPの香取慎吾(37)は、東京・六本木の同局でファン100人、竹内由恵アナ(28)らと観戦。試合終了のホイッスルが鳴ると、「とっても悔しい。残念な気持ちでいっぱい」と、ぼう然とした表情。それでも、「前を向こうと思った時、この負けは大きな力になる。これからも日本代表を信じ続けたい」と力強く話し、選手へ向けて「ニッポン」コールを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年6月26日のニュース