“刑務所カレー”開発の堀江貴文氏 味に満足、発売パーティー

[ 2014年4月11日 05:30 ]

自ら考案した“刑務所カレー”を手にする堀江氏

 旧ライブドアの堀江貴文元社長(41)が約1年9カ月の獄中生活で考案し、東京・渋谷のカレー店カリガリと共同開発したレトルトカレー「堀江貴文が刑務所の中で外に出たら食べようと夢想(おも)い描いた至極のイノベーションカレー」の発売記念パーティーが10日、都内で行われた。

 ニコニコ動画の生中継を兼ねたもので、堀江氏は「結構立派にできた。味はまずまず。長野刑務所の前で売ればいい」とジョークを交えてコメント。小保方晴子氏の騒動については「まったく興味ありません」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年4月11日のニュース