PR:

AKB永尾まりや 映画初主演で「裏切ってごめんなさい」

映画「リアル人狼ゲーム 戦慄のクラッシュ・ルーム」舞台あいさつに登場したAKB48の永尾まりや

 AKB48の永尾まりや(20)が11日、都内の映画館で行われた映画「リアル人狼ゲーム 戦慄のクラッシュ・ルーム」(監督梶田征則)の舞台あいさつに登場した。

 心理ゲーム「人狼」を題材に映画化した密室心理サスペンスの第2弾。本作が映画初主演となる永尾は「ホラー映画が苦手だったのでできないと思いました」とオファーが来た時の素直な心境を吐露。さまざまなジャンルがあるホラー作品の中でも心理サスペンスであるということで「私でもできるのかなと。挑戦しないと分からないのでやりました」と出演を決めたという。

 AKBグループ内でもゲームの「人狼」ははやっていると言い「携帯アプリで暇さえあればやっていますね。やりたい人って手を上げて、8~10人ぐらいで。(映画には)ゲームはあまり出てないんですけど、これを想像しながらやりました」と笑った。

 主役と言えども、最後には観客を裏切る役どころとなる永尾は「裏切ってごめんなさい」と観客に陳謝。「今までも裏切る役とか敵役が多かったので、主役の真っすぐな演技は自分には合っていないと思ったんですけど、やっぱりここは裏切っちゃう。自分をさらけ出して、今までどおり、演じる楽しさがあってよかった」とちゃめっけたっぷりの笑顔を見せた。

[ 2014年4月11日 12:20 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:05月24日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル