アンジェラ・アキ 最後の音楽番組出演 留学は「グラミー賞獲るため」

[ 2014年4月11日 20:59 ]

アンジェラ・アキ

 歌手のアンジェラ・アキ(36)が11日、テレビ朝日「ミュージックステーション」に生出演。米留学前最後の音楽番組出演となった。

 アンジェラは今秋から米国の音楽大学院に留学するため、今春に始まったツアー終了後に活動休止する予定。番組では改めてタモリ(68)から活動休止する理由について問われると「何年か前から音楽的技術に限界を感じるようになったので、もう一度一から音楽教育を受けて、夢に向かって一回リセットしないとなと思って」と説明した。

 「十分(技術はある)と思いますけどねえ」と持ち上げられるとアンジェラは「ポップスシンガーとして曲を作り続けるのは十分だと思うんですけど、この先ミュージカルを演出したり、夢であるグラミー賞を獲るとか、世界的なレベルに自分の技術は届いていない」と大きな夢に向かって研さんする意思を明らかにした。

 大学に入学する秋には37歳となるアンジェラ。「37歳新入生なんですけど、40になる年までには世界に立つスタートラインに立ちたいと思うので。3年しかないんですけど修行を積んでいきたい」と意欲満々に語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年4月11日のニュース