バイキング初回視聴率は6・3% 第1R「徹子」に勝利

[ 2014年4月2日 10:00 ]

1日にスタートしたフジテレビのお昼の新番組「バイキング」で、司会を務めたEXILEのTAKAHIRO

 日本の“お昼の顔”として親しまれた「笑っていいとも!」の後番組として1日にスタートしたフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)の初回視聴率が6・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが2日、分かった。また、1日から放送時間が正午開始になったテレビ朝日「徹子の部屋」(月~金曜正午)は4・8%。お昼の視聴率戦線第1Rは「バイキング」に軍配が上がった。

 日本テレビ「ヒルナンデス」(前11・55~1・55)は6・3%。TBS「ひるおび!・午後」(前11・55~1・50)は5・8%だった。

 「バイキング」は「半径500メートルの日常をエンターテインメントにする」がコンセプト。MCは日替わり。月曜は坂上忍(46)火曜はEXILEのTAKAHIRO(29)とNAOTO(30)が週替わり、水曜はおぎやはぎ、木曜はフットボールアワー、金曜は雨上がり決死隊が務める。

 初回はTAKAHIROがMC。江角マキコ(47)すみれ(23)友近(40)平成ノブシコブシ、小籔千豊(40)ビッグダディこと林下清志氏(51)が出演。Yahoo!急上昇ワードを紹介するコーナーなどを進行した。

 「徹子の部屋」は水谷豊(61)がゲストだった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年4月2日のニュース