ダチョウ上島 ベストフンドシスト賞を受賞 有吉も祝福「ご機嫌なボス」

[ 2014年2月13日 13:54 ]

ダチョウ倶楽部の上島竜兵

 お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵(53)が13日、翌日に控えた「ふんどしの日」を前に、日本ふんどし協会(JFA)主催の「ベストフンドシスト賞」を受賞した。

 同賞はJFAが「日本古来の文化であり、伝統的な下着の“ふんどし”の普及と理解、関心を高める為」という目的で制定したJFA認定の記念日。日付に関しては「2」と「14」で“ふんどし”と読む語呂合わせから2月14日に設定された。バレンタインデーと同日ということもあり、女性から男性へ“ふんどし”を贈る提案も行うという。

 同賞は毎年、「ふんどしの日」を前に受賞式が行われ、昨年の大賞にはフリーアナウンサーの住吉美紀(40)が選ばれ、お笑いコンビ「NON STYLE」の井上裕介(33)やタレントの壇蜜(33)らが受賞している。女性の住吉が大賞に選ばれた理由については、自身が務めるラジオ番組でJFAとコラボし、ふんどし普及に貢献したため。

 同賞の受賞対象は、(1)芸能、文化、スポーツ等、でプロフェッショナルとして活躍されている方(2)普段よりふんどしを愛用、もしくは日本ふんどし協会としてふんどしの愛用と切望する方(3)日本在住の方(国籍問わず)。

 今年は上島が同賞を受賞し、後輩芸人の有吉弘行(39)が自身のツイッターで「朝から上島さんと一緒。 表彰されたようで、ご機嫌なボス」とツイートし、賞状を手に笑顔の上島の写真もアップされた。また、有吉のツイートにJFAも「上島竜兵さん受賞おめでとうございます!ナイスふんどし」とリツイート。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2014年2月13日のニュース