火がない聖火、ライターで点火…“豪快”エピソード続々

[ 2014年2月9日 05:30 ]

 【ソチ五輪仰天アラカルト】

 ★聖火リレーなのに火がない 聖火は冬季五輪史上最長の約6万5000キロを走り、宇宙飛行士2人がトーチを持って宇宙遊泳も。だが国際宇宙ステーションなどでの安全確保のため、点火はされなかった。

 ★ライターで点火 聖火リレー中に、何度も火が消えるトラブル。「40回以上消えている」との報道も。モスクワで行われた記念式典で、関係者がライターで火をつけ直す映像が世界に流れた。

 ★並んだトイレ 競技会場やホテルなど各所で、大便器が2つ並んだトイレが発見され話題に。関係者は「倉庫へ改装予定で、間仕切りを外しただけだ」と説明。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2014年2月9日のニュース