「東京プリン」牧野隆志さん死去 若すぎる…浜崎あゆみら追悼

[ 2014年2月9日 05:30 ]

「東京プリン」の牧野隆志さん

 音楽ユニット「東京プリン」の牧野隆志(まきの・たかし)さんが7日午前0時30分、肺がんによる呼吸不全のため東京都内の自宅で死去した。49歳。兵庫県出身。通夜は親族らで済ませた。告別式は9日、近親者のみで行う。後日「お別れの会」を開く予定。

 牧野さんは90年から大阪を中心にラジオDJやテレビのリポーター、パーソナリティーとして活動し、97年に伊藤洋介(50)と東京プリンを結成した。牧野さんは主に作曲を担当。97年発表の代表曲「携帯哀歌」は日本有線大賞の音楽賞を受賞した。10年6月の検査でがんが判明し、ブログで病状などを報告。今月5日まで書き込みをしていた。

 伊藤は「自分の病気のことはそっちのけで、人のことばかり気遣う男でした。つらかったよな。痛かったよな。ほんまにありがとう」と悼んだ。また同じ事務所で東京プリンと親しい浜崎あゆみ(35)は「突然の受け止めがたい悲報、とても残念でなりません」と早すぎる死を惜しんだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2014年2月9日のニュース