板東英二「さんまのまんま」でTV復帰!正月豪旅行で頼み込んだ

[ 2014年2月3日 05:30 ]

「さんまのまんま」でテレビ復帰を果たすことが分かった板東英二

 個人事務所の約7500万円の申告漏れで休業状態だったタレントの板東英二(73)が、フジテレビ系「さんまのまんま」(土曜後5・00)でテレビ復帰することが2日、分かった。

 関係者によると、18日に都内で収録を行う予定。2012年12月に申告漏れが発覚して以降、レギュラー番組を次々と降板し、唯一残っていた関西テレビ「板東英二のゴルフ塾」が昨年3月末で終了したためテレビ出演は約1年ぶりとなる。

 司会の明石家さんま(58)とは親交が深く、先月16日付で吉本興業への所属を決めた際も、さんまの後押しがあった。また、正月には毎年恒例のオーストラリア旅行に同行。さんまは先月放送のラジオ番組で、オーストラリア滞在中に板東から仕事について「なんとかしてくれよ。どうしたらええねん」などと相談を受けたことを明かしており、崖っ縁から転落していた“先輩”のテレビ復帰を手助けすることにしたようだ。

 板東は1日にナゴヤドームで行われたSKE48の公演に登場するなど、本格的な復帰に向けて始動。吉本興業は在阪のテレビ各局にあいさつ回りをし、板東の出演を売り込んでいる。

 板東の個人事務所「オフィスメイ・ワーク」は12年12月に名古屋国税局から架空外注費約5000万円を含む所得隠しを指摘され修正申告。財務処理後、同11月までに個人事務所は閉鎖し、謝罪会見を開いた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2014年2月3日のニュース