亀梨和也主演「東京バンドワゴン」初回は8・8%

[ 2013年10月15日 10:38 ]

 12日にスタートした「KAT-TUN」の亀梨和也(27)主演の日本テレビ系連続ドラマ「東京バンドワゴン~下町大家族物語」(土曜後9・00)の初回視聴率が8・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。初回は84分の拡大版で放送された。

 小路幸也氏の短編推理小説シリーズ「東京バンドワゴン」全8作を原作としたホームドラマ。古本屋とカフェを経営する風変わりな4世代の大家族・堀田家がちょっと変わった家訓に従って、巻き起きる不思議な事件を解決していくホームドラマ。亀梨の連ドラ主演は10年10月クールの同枠ドラマ「妖怪人間ベム」以来2年ぶり。脚本は「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」「カバチタレ!」など人気ドラマを手掛けてきた大森美香氏が担当し、原作を軸にしながら、亀梨のために脚本が書き下ろされる。

 共演は、主人公の父親役を05年の同局「あいのうた」以来8年ぶりのドラマ出演となる玉置浩二(55)が演じるほか、ヒロインの多部未華子(24)、ミムラ(29)、金子ノブアキ(32)、平愛梨(28)、「V6」の井ノ原快彦(37)、平泉成(69)ら。

 初回は、東京の下町にある老舗古本屋・東京バンドワゴンを営む堀田家は、3代目店主・勘一(平泉)を筆頭に、4世代8人の大家族。ある日、旅行添乗員として働く次男の青(亀梨)が帰宅途中に酔っ払い、交番で保護される。たまたま居合わせた女子大生のすずみ(多部)にも絡み、ひどく軽蔑される。酔いが冷めた青はみすずが落とした古書を拾う。翌日、青の父で伝説のロッカー、我南人(玉置)が1カ月ぶりにふらりと帰宅。そんな中、勘一は店の本棚に見覚えのない2冊の百科事典を見つけて…という展開だった。

 前クール(7月~9月)の同枠ドラマ「斉藤さん2」(観月ありさ主演)の初回は15・5%だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年10月15日のニュース