兼島ダンシング 松竹芸能“解雇”…過去の自転車窃盗が発覚

[ 2013年8月24日 15:30 ]

 松竹芸能は23日、他人の高級自転車を写真撮影して無断でネットオークションに出品し、落札を確認した上で盗んだ疑いで今年7月9日に逮捕された所属お笑い芸人・兼島ダンシング(本名・兼島信茂)被告(39)との専属契約を解除した。公式サイトで発表した。

 逮捕直後は「活動停止処分」にしていたが「この度、兼島より担当弁護士を通じて過去に同様の罪で罰せられていたことが明らかにされました」と報告。

 「所属タレントが刑事事件で罰則を受けていた事、またその事実を所属事務所である弊社へ兼島本人が報告をしなかった事を重く受け止め、本日付で兼島ダンシングの専属契約を解除することといたしました」と“解雇”への経緯を説明した。

 その上で「この度は世間をお騒がせいたしまして申し訳ありませんでした。関係者の皆様、また被害を受けられた方には深くお詫びを申し上げます」と謝罪した。

 兼島被告は7月30日、東京地検に起訴された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2013年8月24日のニュース