「圭子の夢は夜ひらく」歌碑の前に供花

[ 2013年8月24日 06:00 ]

藤圭子さんが転落しした東京・西新宿のマンション前。近隣住民らが供えたと見られる花や飲料に、道行く人が手を合わせていた

藤圭子さん投身自殺から一夜

 藤さんが倒れていた東京都新宿区のマンション前には、近隣住民からとみられる花やお茶などが供えられた。手を合わせ、冥福を祈る通行人が絶えなかった。

 同区の西向天神社にある藤さんのデビュー曲「新宿の女」(69年)、芸能浅間神社の「圭子の夢は夜ひらく」(70年)の歌碑にも多くの人が訪れた。千葉県の男性(54)は「暗いと言われる曲も、自分には応援歌だった」と「圭子…」の歌碑に花を手向けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年8月24日のニュース