市岡裕子&露のききょう&菅原早樹ジョイントライブ

[ 2013年8月24日 07:36 ]

 吉本新喜劇の大スターだった故岡八朗さんの長女で歌手の市岡裕子(49)と、上方落語界の重鎮だった故露の五郎兵衛さんの娘、露のききょう(50)歌手の菅原早樹(50)の3人が来月28日、大阪クリスチャンセンターでジョイントライブをすることになり23日、同市内で会見を行った。

 岡さんと五郎兵衛さんは昭和40年代に同じ吉本興業に所属するなど親交があり、共に上方演芸の殿堂入りを果たしたことから、娘3人が「何か形になるものを」と企画、実現にこぎつけた。

 ステージでは市岡がゴスペルを大阪弁で、菅原は賛美歌を披露し、ききょうも聖書をもとにした落語を行うなど「私たち3人ならではの舞台にしたい」(ききょう)と力を込めた。会場には上方演芸資料館(ワッハ上方)に保存されている貴重な写真約50点も展示する予定で、往年のファンにはたまらないイベントになりそうだ。市岡は「岡八の娘やから“どんなおもろい事すんねやろ?”って過度に期待されると困るんですけど、父仕込みのトーク力も見せますよ」と自信を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2013年8月24日のニュース