生駒里奈「クラッと来た」 新センターあいさつ中に立ちくらみ

[ 2013年4月21日 08:49 ]

新選抜発表後、涙を浮かべ最後の曲でセンターを務めた乃木坂46の生駒里奈

 AKB48の公式ライバル「乃木坂46」の生駒里奈(17)が20日、今夏発売の新曲(タイトル未定)で昨年のデビュー以来務めてきたセンターから陥落することが決まった。新センターには白石麻衣(20)が抜てきされた。

 この日、京都市内で開催された握手会で発表。生駒は「自分的にはすっきりしている」と笑顔を見せたが、白石のあいさつ中に立ちくらみを起こして尻もちをついた。最後の曲でセンターを務めると涙が止まらず。終演後に「発表がやっと終わったと思ったらクラッと来た。新しいポジションだから違う景色が見られる」と明るく語ったが、想像を絶する緊張感に包まれていたことをうかがわせた。

 生駒は秋田県出身。2011年に第1期メンバーとして加入し、12年2月のデビュー曲「ぐるぐるカーテン」から5作続けてセンターを務めた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年4月21日のニュース