綾瀬はるか 復興願い八重桜「はるか」植樹

[ 2013年4月21日 06:00 ]

八重桜「はるか」の苗木を植樹する綾瀬はるか(右から2人目)と西島秀俊(同3人目)

 NHK大河ドラマ「八重の桜」の主人公新島八重を演じる綾瀬はるか(28)が20日、福島県白河市の公園で自身が命名した八重桜「はるか」の苗木を植えるイベントに参加した。

 東日本大震災や東京電力福島第1原発事故からの復興の願いを込め、「桜の木がずっと末永く育つことを願います」とコメント。またイベントのテーマ曲になったシングル「桜咲く」を歌う歌手の三浦サリー(25)が地元の子供たち20人と合唱した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2013年4月21日のニュース