板野友美 キンタロー。への無関心を釈明「本当は嫌いじゃない」

[ 2013年4月21日 11:59 ]

番組内でのキンタロー。への無関心を釈明した板野友美

 AKB48の板野友美(21)が20日に放送されたフジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」の企画・抜き打ち学力テストで共演したお笑い芸人のキンタロー。(31)について、自身のツイッターで「本当は嫌いじゃないですよ」とハートマーク付きで釈明した。

 番組では、大島優子(24)、篠田麻里子(27)ら48グループの14人とキンタロー。(31)が国語、数学、社会、理科、英語の5科目を受験。卒業した前田敦子(21)のものまねでブレーク中のキンタロー。は大島に対抗心。5教科合計では2位大島、3位キンタロー。と惜敗したが、英語ではトップとなる96点に歓喜し、大島に密着してフライングゲットを披露した。

 番組内でキンタロー。が注目を集める度に唯一無関心な態度をとっていたのが板野。キンタロー。は「冷たい!」「ともちん…」と泣き顔。お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(42)から“仏頂面”をいじられ、笑いを誘っていた。

 演出に見られた対応も、放送後にはツイッター上で板野の態度に話題が集まっていた。板野は「めちゃイケ後にたくさんキンタローさんのこと嫌いなんですか?って質問きてたのでびっくりしました…」と吐露。「とってもいい人です。面白かったです。笑」と告白している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年4月21日のニュース