小森純に「なりすましツイッター」一部が再開報道も事務所は否定

[ 2013年2月19日 18:35 ]

「なりすましツイッター」が出現した小森純

 タレントの小森純(27)の「なりすましツイッター」が出現した。一部が19日「小森純、こっそりとツイッター再開」と報じたが、小森の所属事務所は「なりすましです」と本人との関与を否定した。

 小森はペニオク騒動を受け、ブログやツイッターを閉鎖。偽ツイッターのアカウントは以前、小森が使っていたものと同じ「@19851122jun」。プロフィール欄に「またこっそりとはじめました」と書かれている。

 偽ツイッターは18日午後11時ごろに「じじょうがあってブログとはおさらばしました。これからはツイッターのじだい。またプライベートのこともつぶやきます。ヨガしてねます」、19日午前7時ごろに「きょうはこれからしごとがんばるぞ」、同午後4時ごろに「そういえばフィットネスはじめたんだ。これからいってくる」とつぶやいている。

 小森の所属事務所は「どこに申し込めば、削除してもらえるのか」と困惑の様子。「今のところ、ブログやツイッターを再開する予定はありません」としている。

 入札のたびに手数料がかかる「ペニーオークション」(ペニオク)をめぐり、複数の芸能人が落札したように装ってブログで紹介した問題で、小森は昨年12月27日を最後の更新に、ブログを閉鎖。その後、ツイッターも削除。今月3日にはTBS系「サンデー・ジャポン」に生出演し「もっと早く謝罪するべきだった」などと涙を流して謝罪していた。

 同アカウントは同日午後8時には凍結された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年2月19日のニュース