SNH48 上海でデビュー、メンバー24人 ヘビロテ中国版披露

[ 2013年1月12日 21:35 ]

初公演を前に行われた記者会見でポーズをとるアイドルグループ「SNH48」のメンバー

 人気アイドルグループ「AKB48」の中国・上海版「SNH48」が12日、上海市でデビューした。オーディションで選ばれた中国と台湾の若い女性らで結成。日中関係は悪化したものの、中国で根強い日本のアイドル文化への憧れに応えた形だ。

 12日夜の初公演ではAKBのヒット曲「ヘビーローテーション」の中国語版などを披露。立ち見も含めて500人以上のファンが声をそろえて絶叫するような声援を送った。

 AKBのファンだという上海市の男子高校生、孫敏傑さん(18)は「身近にSNHができてうれしい。AKBのように世界的グループになってほしい」と話した。同市の大学生の女性(19)は「(尖閣問題のような)政治と芸能の話は別だ。メンバーの活動に影響がないようにしてほしい」と話した。

 メンバーの24人は記者会見で「SNH48がどんどんすごいグループになるよう、みんなで頑張りたい」などと1人ずつ抱負を話した。

 今春には上海市でSNH専用の劇場も開設し、ファンとの握手会なども各地で実施する。海外版AKBとしてデビューしたのはインドネシア・ジャカルタの「JKT48」に次いで2グループ目。

 ただ日本のAKBから移籍した鈴木まりやさん、宮澤佐江さんの2人は「(中国で芸能活動するための)ビザがまだ発行されていない」(運営会社)との理由で、公演などへの参加はできないという。

 AKBは中国の若者の間でも人気がある。メンバー募集には3万8千人余りが応募。中国の5都市で開かれたオーディションを経てメンバーが選ばれた。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2013年1月12日のニュース