20歳の誓い…剛力「子供心忘れず」忽那「ブッ飛ばして」

[ 2013年1月12日 06:00 ]

ひと足早く成人式の写真撮影を行った剛力彩芽(左)と忽那汐里

 14日に成人式を迎える“オスカー美女軍団”の女優、剛力彩芽(20)と忽那汐里(20)が2ショットの晴れ着姿を披露し、2013年のさらなる飛躍を誓った。

 成人式当日は仕事のため、ひと足早く都内の写真館で記念撮影。ともに着物メーカーのイメージモデルを務めており、剛力は「きものやまと」の青地にバラの模様、忽那は「京都きもの友禅」の黄色地に松竹梅などの模様が入った晴れ着に袖を通した。

 剛力は、2013年について、「ここまで周りの多くの人に支えられてきました。20歳を迎えたことで、大人への第一歩な感じがしますが、子供心は忘れずに成長していきたいなと思います」と抱負。14日にはフジテレビの主演ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」(月曜後9・00)がスタートするとあって、「成人式の日がオンエア初日。ご縁が深く一生忘れられない作品になります」と話した。

 一方、14歳までオーストラリアで育った忽那は、「七五三は海外で行ったため、日本の文化を生で感じることができなかったので、20歳を日本で迎えることができてうれしく思います」と笑顔。19日に、出演している日本テレビのドラマ「泣くな、はらちゃん」(土曜後9・00)がスタートするほか、今年は「つやのよる」(26日公開、監督行定勲)など3本の出演映画が公開されるとあって、「20代も勢いよく、ブッ飛ばして走っていきたいと思います」と誓った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年1月12日のニュース