ベストジーニスト 夏木マリ「スギちゃんだと思った」

[ 2012年10月5日 06:00 ]

ベストジーニストを受賞し笑顔を見せる(左から)夏木マリ、井浦新、ローラ、村田諒太

 ジーンズが似合う著名人に贈られる「第29回ベストジーニスト」の授賞式が4日、都内で行われた。「嵐」相葉雅紀(29)と黒木メイサ(24)が「一般選出部門」でともにV2を達成。「協議会選出部門」は夏木マリ(60)井浦新(38)ローラ(22)と、ロンドン五輪ボクシングミドル級金メダリストの村田諒太(26)が受賞した。

 今年から殿堂入りの条件が3年連続受賞になり、相葉は「来年もここに立てるよう頑張る」と強調。ローラは村田の首に掛かった金メダルを手に取り「こんな重いんだあ。肩こりそぉー」と驚きの表情。夏木は「今年はスギちゃんだと思っていた。私が獲れると思わなかった」と笑った。黒木は赤西仁(28)との第1子を出産したばかりのため欠席した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2012年10月5日のニュース