Cロナいち押しの世界的ヒット曲 遊助がカバー

[ 2012年10月5日 08:30 ]

ブラジル人歌手のミシェル・テロ

 「遊助」名義で歌手活動する上地雄輔(33)が世界最高のサッカー選手の一人、クリスティアーノ・ロナウド(27)のイチ押し曲をカバーする。「VIVA!Nossa Nossa」(31日発売)で、ブラジル人歌手の原曲は世界35カ国で売り上げ1位を記録。ロナウドが試合中にこの歌のダンスを披露したことで火が付いた2012年の世界No・1ヒット曲だ。

 上地がカバーするのはミシェル・テロ(31)の「Ai Se Eu Te Pego(あぁ、僕が君をつかまえられたら)」。アコーディオンの音色が効果的なラテンナンバーで、昨年10月に発売。これまでに、有料ダウンロード数は累計1500万回を突破し、動画サイト「ユーチューブ」で公開されているビデオは5億回以上も再生されている。

 世界的なヒットにつなげたのはロナウドのゴールパフォーマンスだ。昨年11月の試合で得点した際、原曲の振り付けを披露。セクシーな腰つきに話題が集まり、世界中に一気に広がった。ブラジル代表で“ペレ2世”と呼ばれるネイマール(20)も母国のテレビ番組などでノリノリで踊るなどイチ押しにしている。

 上地にとっては外国語曲のカバーは初挑戦。作詞も手掛け「可愛い女の子に夢中になっちゃったというオリジナルの歌詞に沿って、登場人物を可愛らしいイメージで書いた。素晴らしいラテンダンスチューンにレゲエっぽさが加わった曲なので、新しい音楽として聴いてもらえたら」とアピール。原曲を歌うテロからも「ブラジルと日本の文化が見事に融合したバージョンを遊助が作ってくれて本当にラッキーだ」とエールが届いた。

 一方、原曲の大ファンというJ1・名古屋の三都主アレサンドロ(35)は、自作の日本語バージョンを母国ブラジルのテレビなどで披露しており「日本では、僕が一番うまいんじゃないかと思っていた」と強調。上地のカバーに「凄く楽しみ。絶対に日本の皆さんもハマるはず!!僕も同じ日にこの曲でデビューしようかな」とジョークを交えて応援している。同曲は6日スタートのTBSの新番組「原宿ネストカフェ」(土曜深夜0・00)のエンディング曲に起用される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年10月5日のニュース