ジャズクラリネット奏者・藤家虹二さんが死去

[ 2011年10月24日 22:32 ]

 日本のスイングジャズをリードしたクラリネット奏者の藤家虹二(ふじか・こうじ、本名光嗣=こうし)さんが24日午後0時30分、脳幹ヘルニアのため東京都板橋区の病院で死去した。78歳。広島県出身。葬儀は近親者のみで行い、後日お別れの会を開く。喪主は長男敬(たかし)氏。

 東京芸大在学中からジャズ界で活躍した。1958年に「藤家虹二クインテット」を結成。北村英治さん、鈴木章治さんと共に、ジャズクラリネット奏者として幅広い人気を集めた。

 代表作にアルバム「スインギン・ハウス」など。

 97年に発病した脳梗塞を克服し、活動を続けていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2011年10月24日のニュース