吉本興業と紳助さん 講談社を名誉毀損で提訴

[ 2011年10月24日 13:57 ]

 吉本興業は24日、暴力団との関係について虚偽の内容を「週刊現代」の記事で報じられ、名誉を毀損されたとして、元タレントの島田紳助さん(55)と共同で、発行元の講談社と同誌編集長に計1億6500万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴したと発表した。

 
 訴状などによると、同誌10月15日号は「紳助、あんたはヤクザだ」などの見出しで記事を掲載したが、吉本興業側は「裏付け取材を行っていない。記事は捏造したとしか考えられない」と主張。「極めて深刻な名誉毀損である」としている。
 
 吉本興業は「思い当たる事実が存在しないところから作り上げられており、公の場で名誉を回復することが不可欠」と指摘。
 
 「週刊現代」編集部は「記事の内容については自信を持っている。今後も暴力団と島田さんとの関係は取材を続け、特集を組む予定だ」と反論している。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2011年10月24日のニュース