再々婚の堀ちえみ 子供と一緒にプロポーズ受けた

[ 2011年10月16日 09:00 ]

「ほけんの窓口」新宿支店オープニングセレモニーに出席した堀ちえみ(右)と南明奈

 1歳年上の会社員の男性と12月に結婚するタレントの堀ちえみ(44)が15日、都内で行われた「ほけんの窓口」新宿店のオープニング式典に参加した。12日のテレビ番組で結婚発表から初めて取材に応じた。

 プロポーズは8月12日から2泊3日で向かった沖縄旅行。前夫との間にもうけた子供2人と、男性の子供2人との計6人で夕焼けの海を眺めている時に「一緒になりましょう」と切り出され、「分かりました」と答えたという。

 堀には元夫との間にも3人の子供がおり、結婚すれば計7人の子供の母親となる。保険については、これまで「子供たちに迷惑をかけないように介護保険を増やしたり二重に保険をかけていた」。前夫と10年6月に離婚した際に、子供たちを案じて、現在も前夫の姓を通している。再々婚を機に保険を2人で見直すことも話し合っているといい、過去2度の結婚、離婚を振り返って「(手続きの書類などでは)名前を変えるのも大変。一緒になる時も、戻す時も。苦労しました」と苦笑い。

 挙式・披露宴は、男性が誕生日を迎える12月に、身内だけの食事会で検討している。「子供がたくさんいるのは落ち着く」とさらに大家族になることを歓迎。6人目出産については現時点で「考えていない」とした。

 婚約者については「大柄で、私をグイグイ引っ張ってくれる。心意気も男前。今度は大丈夫」とのろけ、幸せそうな笑顔を浮かべた。「一緒にいて本気で思ってくれているということが伝わってくる」といい「生涯のパートナーとして一緒に末永く暮らしたいと思う」と誓った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2011年10月16日のニュース