SDN48 電撃解散発表「新たなステージへ旅立つ」

[ 2011年10月16日 06:00 ]

来年3月での解散を発表したSDN48

 AKB48の姉妹ユニット「SDN48」が解散する。15日夜、東京・秋葉原の劇場で公演中に、キャプテンの野呂佳代(27)が電撃的に発表した。来年3月31日にラストコンサートを行う。

 電撃発表した声明では「SDN48は、それぞれのメンバーが進むべき道を目指すために全員そろってグループを卒業することになりました」とし、ラストコンサートで「SDN48として第一章はその役目を終えます」と説明。結成から2年2カ月を経て「私たちもどこかで区切りをつけなければいけない時期にさしかかっています」と明かした。そして「メンバー一同、自分の夢をより具体的にするために新たなステージへ旅立つことになります」と決意を示している。

 SDN48は秋元康氏の完全プロデュースで誕生。AKB48が公演を行う千代田区秋葉原の「AKB48劇場」で原則、毎週土曜日に公演を行うことから「SaturDay Night48」と命名された。39人のメンバーにはAKB48の卒業生もいる。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2011年10月16日のニュース