映画館に加齢臭!?「電人ザボーガー」に中年男性大集合

[ 2011年10月16日 06:00 ]

映画「電人ザボーガー」初日あいさつに出席した板尾創路(左から3人目)ら

 映画「電人ザボーガー」が15日、封切られ、板尾創路(48)、古原靖久(25)らが都内で舞台あいさつ。74~75年にフジテレビ系で放送された特撮ヒーロードラマのリメーク。当時のファンとみられる40、50代中心の男性客が集まり、約350の客席を埋め尽くした。

 秘密刑事の大門豊を主演した板尾はヘルメット姿の衣装で「こんなに加齢臭のする映画館は初めて。ビックリしました」と笑顔で会場を見わたした。時折、野太い声で、井口昇監督(42)へ向けて「のぼる~」の声援が響くなど、終始男臭い雰囲気が漂った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2011年10月16日のニュース