船越英一郎 別居報道否定「仕事部屋を持つのが夢だった」

[ 2011年10月16日 06:00 ]

天龍寺で京都ツアー参加者と記念撮影する船越英一郎(中央)

 俳優の船越英一郎(51)が15日、京都市内でガイド本「船越英一郎の京都案内」をPRした。

 一部週刊誌で都内の自宅近くに自分専用のマンションを購入したことを報じられたが、妻の松居一代(54)との別居は否定。「自宅が手狭になったのと、自分だけの仕事部屋を持つのが夢だった。それが実現した途端、思惑と違う記事が出てしまった」と説明。「ご心配されているようなことは全くない」と夫婦円満を強調した。

 ドラマ収録などで京都へは頻繁に訪れており、同書を出版。「家内は厳しく批評するが、この本に関しては褒めてくれた」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2011年10月16日のニュース