BIGBANGメンバー 交通死亡事故で書類送検へ

[ 2011年6月25日 06:00 ]

書類送検されることになったBIGBANGのD―LITE

 韓国の5人組男性グループ「BIGBANG」のメンバーD―LITE(ディライト、22)が交通死亡事故を起こしたとして、韓国警察当局は24日、業務上過失致死の疑いで近く書類送検する方針を明らかにした。

 警察当局によると、D―LITEは5月31日未明、ソウル市内で乗用車を運転中に路上で倒れていた男性をひいた。その後、男性の死亡が確認された。

 男性はオートバイで走行中に転倒したとみられている。D―LITEの車にひかれる前に死亡していた可能性もあり警察が死因を調べていたが、聯合通信など現地メディアの電子版によると、当局は、転倒直後の男性の状態について「街路灯に激突し頭部に深刻な負傷を負ったが、ひかれるまでの約2分ですぐに死亡するほどではなかった」と見解を表明。また事故現場の痕跡などから、別の車にひかれた事実はなかったとして、D―LITEの事故が死因と結論づけた。

 所属事務所はグループの活動について「しばらくは予定が入っていなかったこともあり、時間をかけて考えていく」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2011年6月25日のニュース