妻夫木が垣間見た“神戸牛を食べられる”条件は?

[ 2011年5月25日 06:00 ]

映画「マイ・バック・ページ」のヒット祈願のだるまを手にする(左から)松山ケンイチ、妻夫木聡、山下敦弘監督

 俳優の妻夫木聡(30)と松山ケンイチ(26)初共演の映画「マイ・バック・ページ」(監督山下敦弘)の28日公開を前に、妻夫木と松山、山下監督が大阪市内で24日、会見した。

 学生運動が盛んだった70年前後を舞台に、記者(妻夫木)と革命家(松山)の衝撃のドラマ。神戸ロケもあり、妻夫木は共演の三浦友和(59)が来たときに食べた「神戸牛がおいしかった。三浦さんが来ないと肉を食わせてくれないという、現場の予算の都合がうかがえました」と冗談を交えて笑顔で話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年5月25日のニュース