瀧本美織号泣…NHK「てっぱん」撮影終了

[ 2011年2月19日 06:00 ]

「てっぱん」の撮影を終了し、花束を手にするヒロイン滝本美織(左)と祖母役の富司純子

 NHK連続テレビ小説「てっぱん」(月―土、前8・00)が18日、大阪放送局での収録でクランクアップした。

 お好み焼き店を切り盛りするヒロイン・あかりを演じた女優の瀧本美織(19)は、収録後のセレモニーで感極まり、「泣いてません!」と言いながら号泣。「(涙を)我慢しようと思っていたけど、やっぱり泣いちゃいました」とハンカチで涙をぬぐいながら「支えていただき、ありがとうございました」とあいさつした。

 また、共演の安田成美(44)、遠藤憲一(49)らが見守る中、約9カ月の撮影を乗り切った祖母役の女優・富司純子(65)とともに巨大なくす玉を割って、喜び合った。最終回は3月26日放送。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2011年2月19日のニュース