小生意気ダンスのK―POP4人組 今度は扇子ダンスに注目

[ 2011年2月19日 16:20 ]

日本1stシングル「SIGN」発売記念TSUTATAスペシャルイベントに登場したK-POPアイドルグループのブラウン・アイド・ガールズ(左からガイン、ジェア、ナルシャ、ミリョ)

 K-POPアイドルグループ「ブラウン・アイド・ガールズ」が19日、1月26日に発売された日本ファーストシングル「SIGN」発売記念イベントを都内で行った。

 CD購入者150組300名が招待されたイベントでは、日本デビュー曲の「SIGN」を含む4曲を披露。ノリノリで盛り上がったファンに対し、リーダーのジェア(29)は「(ダンスを)マネしてくださってうれしかった」と笑顔。

 ファンからの質問コーナーでは、日本の男性について聞かれたミリョ(29)は「とってもやさしいと思います。その部分が好きですね」と日本のドラマで覚えたという日本語で答え、集まった男性ファンを魅了した。

 一方、メンバーから“目を開けて寝る”ことを暴露されたナルシャ(29)は「違います、テレビを見てたんです。私は目が大きくてそうなるんです」と反論。寝言をよく言うのはミリョだそうで、「いきなり起きて、インターフォンに誰ですか誰ですかって言って、びっくりしました」(ジェア)。

 最後はメンバー最年少のガイン(23)が「明日、韓国に帰るのですが、韓国でもアルバムの準備もしていますし、日本にもすぐ帰ってきて、皆さんにお目にかかることを楽しみにしています」としっかり締めた。

 「ブラウン・アイド・ガールズ」は両腕を組みお尻を左右に振る挑発的な“小生意気ダンス”などで、エロカッコイイ女性4人組として本国韓国ではKARA、少女時代をもしのぐ人気のK-POPガールズユニット。メンバーはジェア、ミリョ、ナルシャ、ガイン。女子フィギュアスケートのキム・ヨナ選手が演技に彼女たちのダンスを取り入れたことでも話題となった。

 日本1stシングル「SIGN」は“扇子ダンス”で注目されている。

 3月22日にはDVDの発売、4月29日には有楽町の東京国際フォーラム ホールAにて日本初となるフルコンサートを行うことも決定した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2011年2月19日のニュース