松田宣浩氏「ケンケン打法」の秘密…「調子が悪い時はできない」打撃のバロメーター

[ 2024年6月24日 21:49 ]

松田宣浩氏
Photo By スポニチ

 元ソフトバンク、巨人の松田宣浩氏(41)が、元同僚の吉村裕基氏(40)とBSジャパネクストの野球トークバラエティー「ダグアウト!!!」に出演。現役時代の代名詞だった「ケンケン打法」について語った。

 松田氏と言えば豪快な空振りの後、右足でケンケンする姿が印象ぶかいが、「ケンケンはバロメーター」と説明した。

 「打席で体重移動がしっかりできているからケンケンもできる」と明かし、「調子悪い時は体重移動ができていないのでケンケンもできない」と続けた。

 松田氏は「ケンケンを世に広めようと思ってやっているわけではない」と笑わせた。

 吉村氏は「360度(ケンケンで)回ってる時は調子いいんだろうなと思って見ていた」と明かした。

 

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月24日のニュース