ソフトバンク和田 ダルの通算200勝祝福 自身は残り36勝も「僕が到達時に彼は300勝してます」

[ 2024年5月20日 14:49 ]

<ソフトバンク練習> キャッチボールを行う和田(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク和田毅投手(43)が、パドレスのダルビッシュ有投手(37)の日米通算200勝達成を称えた。

 「本当に素晴らしいの一言ですよ。あれだけの恵まれた才能があるけど、それ以上に野球がうまくなるための努力を続ける。さらに努力をされたら、こっちはかないませんよ」と笑顔で祝福した。

 日本代表侍ジャパンメンバーとして、08年の北京五輪、09年のWBCで日の丸を背負ってともに戦った。右腕は、昨夏のWBCメンバーにも入った。「代表でもいけるし、まだ37歳でしょ。200勝じゃ終わりませんよ。まずはお祝いをして、今をかみしめて次に向けて行ってほしい」。

 自身は日米通算200勝まで、残り36勝と迫る。今季2勝目を狙って、22日の楽天戦(京セラドーム)で先発予定だが「僕が36勝できたら、彼は300勝いけますよ」。爆笑していたが体、球ともに一切の衰えを感じさせない。ダルビッシュ有を刺激に、着実に勝ちを積み重ねていく。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月20日のニュース