関本賢太郎氏 阪神・才木は高低、内外と強い直球を投げ分ける能力を持っている

[ 2024年5月20日 05:15 ]

セ・リーグ   阪神7-2ヤクルト ( 2024年5月19日    甲子園 )

<神・ヤ>先発した才木(撮影・岸 良祐)
Photo By スポニチ

 【関本賢太郎 視点】阪神・才木が球数を費やしながらも勝利につながる投球を見せた。両リーグ単独トップの5勝目。雨の影響でグラウンド状態が悪く、連投の桐敷をベンチ入りメンバーから外したチーム状況も背負いながら、6回122球を投げ抜いた。才木の成長を感じた。

 今も昔も打者にとって、一番嫌なのは強い直球だ。才木は直球のレベルが年々上がっている。しかも高低、内外と強い直球を投げ分ける能力を持っている。これができる投手はなかなかいない。さらにウイニングショットでも、高め直球、低めフォーク、外のスライダーといろんな引き出しを持っている。勝利投手の権利がかかった5回2死一、二塁でサンタナを見逃し三振に仕留めた外角スライダーも素晴らしい球だった。

 相性の良くないヤクルト打線に合わせるような形で、変化球を使って初回に先制を許したが、それでも勝てたのは今後にもつながる。常に自分のリズムで投げ続ければ、勝ち星も自然と伴うだろう。

 これでチームも5月を7勝7敗1分けと5割に戻した。桐敷を休ませ、岩崎を使わずに勝てたことは大きい。監督のゲームプラン通りに試合が進んだ形だ。

 打線がなかなか機能しない中でも、大崩れをしないのが阪神の強み。この日も攻撃、そして守りと好プレーが続いた。日曜日に勝ったことで、いい気持ちで次の週にも入れる。月に貯金3のペースで戦えば、優勝に近づける。2カ月で貯金は6。流れは阪神にある。 (スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月20日のニュース