日本ハム・加藤豪が開幕絶望、右腹斜筋肉離れ「痛み2月半ばから出ていた」

[ 2023年3月15日 06:00 ]

オープン戦   日本ハム1-3西武 ( 2023年3月14日    エスコンF )

日本ハムの加藤豪
Photo By スポニチ

 日本ハムは14日、ドラフト3位・加藤豪将内野手(28=前メッツ傘下)が13日に札幌市内の病院で精密検査を受け、右腹斜筋肉離れと診断されたと発表。試合復帰まで約8週間を要する見通しで開幕は絶望となった。

 加藤豪はキャンプイン直前に右手人さし指を骨折。キャンプ後半から実戦出場を始めて二塁の定位置争いに加わった。ここまでオープン戦は6試合に出場して打率.083。先発出場した10日の阪神戦は2打数無安打で、石井と交代していた。

 痛みは「2月半ばから出ていた」といい「診断が出た時は泣いて、(13日の)夜は寝られなかった」と悔しさを吐露。それでも10年かけて大リーグデビューした苦労人は「治療に専念することに関して後悔は一切ない」と前を向いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2023年3月15日のニュース