×

オリ・山岡 右肘手術後の初実戦は2回2失点 日本Sへ「準備だけはしていきます」

[ 2021年11月17日 05:30 ]

手術後初めて実戦登板した山岡(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 日本シリーズでの救援で復帰登板を目指すオリックス・山岡が、宮城の後を受け2番手として登板。1イニング目は先頭の佐野に二塁内野安打されたものの2三振を奪うなど切り抜けたが、2イニング目の4回に2失点した。

 山足に左中間にソロを許し頓宮と伏見にも連続二塁打された。「まだまだ良くはないですけど、手術して2カ月で普通に投げて、終わった後も痛みもない」。9月に右肘のクリーニング手術を受けてから初の実戦登板。「準備だけはしていきます」。後は首脳陣の判断にゆだねる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月17日のニュース