阪神 今季79失策目から追加点献上 序盤から守備のミスが目立つ

[ 2021年9月28日 19:34 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2021年9月28日    甲子園 )

<神・広(19)> 5回2死二塁、床田(右)の送りバントをマルテは一塁に悪送球(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は守備の乱れが失点に直結した。

 0―1の5回。無死二塁で床田の犠打をチャージしていた一塁・マルテが捕球するも、一塁へ悪送球。12球団ワーストの79個目の失策を記録すると、無死一、三塁から上本に右犠飛を打たれ、追加点を奪われた。

 3回にも投手・秋山が床田の犠打を二塁へ悪送球するなど、序盤から守備のミスが目立っている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月28日のニュース