×

浦学、聖望に8回コールド勝ち “フルスイング男”高松が逆転場外満塁弾「頭が真っ白…」大興奮

[ 2021年7月12日 05:30 ]

全国高校野球選手権埼玉大会2回戦   浦和学院11ー4聖望学園 ( 2021年7月11日    レジスタ大宮 )

<浦和学院・聖望学園>逆転満塁弾を放った浦和学院の 高松
Photo By スポニチ

 内角高めの直球を無心で振り抜いた。2―4の6回1死満塁。浦和学院の7番・高松陸(3年)が放った打球は左翼場外へ消えた。逆転の満塁弾に「どんな球でもフルスイングできることが長所。頭が真っ白になったので、場外ホームランになったのも覚えていない」と興奮を抑えられなかった。

 緊張は声で和らげた。打席に入る際には「シャー!」と雄叫びを上げ「自分のモットーがエネルギーなので、打撃でも守備でも声を出すことを意識している」と3安打の固め打ちに胸を張った。

 苦しみながらも、終わってみれば8回コールド勝ち。森士(おさむ)監督は「みんなガチガチでしたね。勝てて時間をもらったので次の試合に準備していきます」と振り返った。

 《聖望学園、8安打放つも》聖望学園が春の王者・浦和学院を相手に5回まで4―2とリードして折り返したが、終盤に力尽きた。3回に江口生馬(2年)が左越え2ランを放つなど、打線は8安打を放ったが投手陣が踏ん張れず。岡本幹成監督は「そこそこできたと思う。前半は良かった。ちょっと浦和学院さんをビビらせて良かった」と淡々と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年7月12日のニュース