×

【隠しマイク】DeNA・三浦監督 東京Dでのホームゲームに「ここが監督室なのか何なのか…」

[ 2021年6月19日 05:45 ]

<D・広>3回、浜口の交代を告げベンチへ戻る三浦監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ◎DeNAは東京五輪の準備で本拠の横浜スタジアムが8月末まで使用できず、この日から東京ドームで広島3連戦を主催。不慣れな一塁側となった三浦監督は「案内されるままに部屋に入ったけど、ここが監督室なのか何なのか…。(本拠の)横浜の部屋よりは少し大きいかな」。丁寧な説明、ありがとうございます。

 ◎日本ハム・杉谷は打撃練習で上田外野守備走塁コーチ付近に痛烈な打球が飛んだ際に大声で注意。しかし、上田コーチから「今“当たれ!”と言っただろ」と言われ「いえ、“当たる!”です」。即座に否定していました。

 ◎日本ハム・荒木投手コーチはオープン戦中にアキレス腱縫合術を受けたため、16日の広島戦で今季初めて試合中にマウンドを訪問。そのことを報道陣から指摘され「バレたか。(内野を守っていた平沼に、歩くのが)遅いって言われたよ」

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年6月19日のニュース