パドレス・ダルビッシュ 6回途中4失点、勝敗つかず 高地ゆえの制球苦

[ 2021年6月17日 02:30 ]

ナ・リーグ   パドレス4ー8ロッキーズ ( 2021年6月15日    デンバー )

<ロッキーズ・パドレス>6回、5番マクマーンに同点2ランを浴びるダルビッシュ(AP)
Photo By AP

 パドレスのダルビッシュは高地デンバーで制球に苦しんだ。

 「この球場で投げる時は、僕みたいにスピンを多く投げる人は曲がらないし、投げるのが大変になるので、そこでうまいこと粘られて苦しいピッチングになった」

 変化球が思うように変化せず6回途中6安打2四球で4失点で勝敗はつかなかった。次回登板は20日(日本時間21日)のレッズ戦となり、秋山と今季初対戦する可能性がある。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月17日のニュース