千賀158キロ!! 左足首負傷から実戦復帰登板で4回3安打無失点「感慨深いものがあった」

[ 2021年6月17日 18:34 ]

練習試合<ソフトバンク3軍・火の国サラマンダーズ>4回無失点と好投した千賀(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 左足首の靱帯(じんたい)損傷から復帰を目指すソフトバンク・千賀滉大投手(28)が17日、実戦復帰登板で貫禄を示した。九州アジアリーグに所属する火の国サラマンダーズとの3軍練習試合で先発し、4回3安打無失点。全球種を交え51球、最速158キロをマークした。

 「ひとまず普通に投げられたのが良かった。思った以上に投げられたし、段階的に上がっていると思います」 片足での過酷なリハビリ生活を乗り越え、たどり着いた。「ユニホームを着て、スパイク履いて投げられることに感慨深いものがあった」と約2カ月半ぶりの実戦を振り返った。

 左足首の状態については「70%。固さはありますけど痛みはない。徐々に慣れてくると思います」と回復ペースは順調だ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月17日のニュース