韓国代表24人を発表 金監督「野球界や国民の自尊心がかかった大会」 日本の最大のライバル

[ 2021年6月17日 05:30 ]

東京五輪の韓国代表に選出された李政厚外野手
Photo By スポニチ

 韓国野球委員会(KBO)は16日、東京五輪に出場する韓国代表24人を発表した。内訳は投手10人、野手14人。元中日の李鍾範(イジョンボム)氏の息子で19年プレミア12にも出場した李政厚(イジョンフ、キウム)がメンバー入り。代表経験豊富な捕手の姜珉鎬(カンミンホ、サムスン)、外野手の金賢洙(キムヒョンス、LG)も選ばれた。

 元阪神の呉昇桓(オスンファン、サムスン)、元大リーガーの秋信守(チュシンス、SSG)は選から漏れた。韓国は08年北京五輪で金メダル。日本にとって、最大のライバルで金卿文(キムギョンムン)監督は「韓国野球界や国民の自尊心がかかった大会」と意気込みを語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月17日のニュース